äŧé“開始 1904åš´(明æ˛ģ37īŧ‰ãŽäŧįĩąįš„ãĒプロテ゚ã‚ŋãƒŗトぎキãƒĒ゚トぎ教äŧšã§ã™ã€‚
æ—ĨæœŦåŸēįŖ教å›Ŗ半į”°æ•™äŧš
TEL:0569-21-3761

教äŧšå­Ļæ Ąé€šäŋĄâ„–566

教äŧšå­Ļæ Ąé€šäŋĄ

  😆 ä¸€åš´ãŽč¨ˆã¯į¤ŧ拝ãĢあり

子おもぎ頃、おæ­Ŗæœˆã‚’ã‚€ã‹ãˆã‚‹ã¨ã€Œä¸€åš´ãŽč¨ˆã¯å…ƒæ—ĻãĢã‚ã‚Šã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ã‚’čžããžã—ãŸã€‚äģŠãŽãŋんãĒは「書き初め」ãĒんãĻやるぎかãĒ。å†Ŧäŧ‘ãŋやおæ­Ŗ月をãŧけãƒŧつと過ごさせãĒいためぎ陰čŦ€ã‹ã‚‚しれぞせんが、たしかæ­Ŗ月ぎäēŒæ—ĨãĢ手įŋ’いごとをさせられたもぎです。ぞあ、わたしぎåŽļはäģæ•™åž’ぎįĨ–įˆļ母がおりぞしたから、そうしたåŊąéŸŋもあãŖãŸã‹ã‚‚ã—ã‚Œãžã›ã‚“ã€‚ã€Œä¸€åš´ãŽč¨ˆã¯å…ƒæ—ĻãĢあり」ということわざもそこでčĻšãˆãžã—ãŸã€‚ã€Œä¸€åš´ãŽč¨ˆã€ãŽã€Œč¨ˆã€ã¯ã€Œč¨ˆį”ģã€ãŽã€Œč¨ˆã€ã§ã€ã°ã‹ã‚Šã”ã¨ã‚’æ„å‘ŗã—ãžã™ã€‚ããŽåš´ãŽč¨ˆį”ģは元æ—ĻãĢたãĻるずきだ。ぞず初めãĢ計į”ģをįĢ‹ãĻãĻことãĢã‚ãŸã‚‹ãšãã ã¨ã„ã†æ„æ˜§ã¨čžžå…¸ãĢ書いãĻありぞした。これはいわゆる古くからčĒžã‚Šäŧãˆã‚‰ã‚ŒãĻいるäēē間ぎįŸĨæĩ、世間ぎįŸĨæĩですが、キãƒĒã‚šãƒˆč€…ãŽã‚ãŸã—ãŸãĄã¯ã“ã‚Œã‚’ããŽãžãžéĩœå‘‘ãŋãĢするわけãĢã¯ã‚†ããžã›ã‚“ã€‚č¨ˆį”ģをįĢ‹ãĻãĻも「三æ—Ĩ坊ä¸ģã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ã‚‚ã‚ã‚‹ã‚ˆã†ãĢã€åŽŸčĄŒãŒįļšã‹ãĒã„ã“ã¨ã‚‚ã‚ˆãã‚ã‚Šãžã™ã€‚ãžãŸæ—Šã„čŠąã€ã“ã†æ›¸ã„ãĻいるわたしが一嚴垌ぎおæ­Ŗ月ãĢį”ŸããĻいるかおうかもわかりぞせん。į¸čĩˇã§ã‚‚ãĒã„ã“ã¨ã‚’č¨€ã†ãĒあと思うかもしれぞせんが、äēē間はかãĒらずæ­ģãŦ存在ですし、しかもそれは嚴éŊĸ順ãĢæĨるわけでもありぞせん。

夊変地į•°ãĢåˇģきčžŧぞれる可čƒŊ性だãŖãĻあるぎです。ですからおれだけ厌į’§ãĒ計į”ģをįĢ‹ãĻたとしãĻも、įĢ‹æ´žãĒ地å›ŗをį”¨æ„ã—たとしãĻもį›Žįš„地ãĢį€ã‘るかおうかはわからãĒã„ãŽã§ã™ã€‚ã“ãŽã˛ã¨ã¤ã ã‘ã‚’å–ãŖãĻãŋãĻã‚‚ã€ã€Œä¸€åš´ãŽč¨ˆã¯å…ƒæ—ĻãĢあり」という世間ぎįŸĨæĩはäē‹æŸ„ãŽåŠåˆ†ã—ã‹č¨€ã„åŊ“ãĻãĻいãĒã„ã“ã¨ãŒã‚ã‹ã‚Šãžã™ã€‚ã‚ãŸã—ãŸãĄã¯å…¨čƒŊでも永遠でもありぞせん。時間を支配しãĻį”ŸããĻいる存在ではありぞせん。限りあるå‘Ŋã‚’č˛¸ã—ä¸Žãˆã‚‰ã‚ŒãĻį”ŸããĻいるぎです。中世ぎäŋŽé“é™ĸぎ挨æ‹ļã¯ã€ŒãƒĄãƒĄãƒŗトãƒģãƒĸãƒĒ」īŧˆã€Œæąã€æ­ģã™ãšãå­˜åœ¨ã§ã‚ã‚‹ã“ã¨ã‚’č¨˜æ†ļせよ」というナテãƒŗčĒžīŧ‰ã§ã‚ãŖたことからも分かりぞすようãĢ、明æ—Ĩはもうこぎ世į•ŒãĢはいãĒいかもしれãĒい。そこから与えられたäģŠæ—Ĩという一æ—Ĩを大切ãĢ感čŦã—ãĻį”Ÿãã‚‹å§ŋå‹ĸがį”Ÿãžã‚Œãžã™ã€‚ここをわきぞえぞせんとä¸ģイエ゚ぎたとえ、おろかãĒé‡‘æŒãĄãŒã€Œã•ã‚ã€ã“ã‚Œã‹ã‚‰å…ˆäŊ•åš´ã‚‚į”ŸããĻã„ãã ã‘ãŽč“„ãˆãŒå‡ēæĨãŸãžã€‚ã˛ã¨äŧ‘ãŋじãĻ、éŖŸãšãŸã‚ŠéŖ˛ã‚“だりしãĻæĨŊしめ」とč‡Ē分ãĢ言ãŖãŸãŒã€ããŽå¤œãŽã†ãĄãĢ取りåŽģられるというå‡ēæĨäē‹ãŽã‚ˆã†ãĢãĒãŖãĻã—ãžã„ãžã™ã€‚åžĄåŋƒãĒらば、äģŠæ—Ĩã¯ã‚ã‚Œã‚’ã—ã‚ˆã†ã€ã“ã‚Œã‚’ã—ã‚ˆã†ã¨ã„ã†ã“ã¨ãŒč˛¸ã—ä¸Žãˆã‚‰ã‚ŒãŸå‘Ŋをį”Ÿãã‚‹ã‚ãŸã—ぎįœŸåŽŸãĒãŽã§ã™ã€‚ãã†č€ƒãˆã‚‹ã¨ã€ã„ãžã‚ãŸã—ãŸãĄã¯æ–°ã—ã„ä¸ģぎ嚴2014åš´ã‚’į›ŽãŽå‰ãĢãŋãĻã„ã‚‹ã‚ã‘ã§ã™ãŒã€čĄŒãã•ããŽįŸĨれãĒい大æĩˇåŽŸãĢ舚å‡ēするようãĒåŋƒį´°ã„æ°—æŒãĄãĢãĒるかもしれぞせん。č‡Ē分でã‚ŗãƒŗトロãƒŧãƒĢå‡ēæĨãĒã„ãŽã ã¨č€ƒãˆã‚‹ã¨æ€–ããĒるかもしれぞせん。でもåŋƒé…ã¯ã„りぞせん。įĨžã•ãžãŒã‚ãŸã—ãŸãĄãŽãŸã‚ãĢ、備えをしãĻ下さãŖãĻいぞす。éŖŧ葉æĄļãĢåŽŋられた救いä¸ģãŒã‚ãŸã—ãŸãĄãĢ与えられãĻいるしるしです。įĨžã•ãžã¯ã‚ãŸã—ãŸãĄãŽãŸã‚ãĢ大切ãĒį‹Ŧり子を下さいぞした。それãģおぞでãĢ、こぎ世į•Œã‚’愛し、わたしを愛しãĻ下さãŖたぎです。だから、åŋ…čĻãĒã‚‚ãŽã¯ã‚ãŸã—ãŸãĄãĢ備えられることがäŋĄã˜ã‚‰ã‚Œã‚‹ãŽã§ã™ã€‚それをįĨžæ§˜ãĢč´ããŽãŒį¤ŧ拝です。「äŋĄäģ°ãŽįˆļ」とå‘ŧばれたã‚ĸブナハムは「į”Ÿãžã‚Œæ•…éƒˇã€įˆļぎåŽļをé›ĸれãĻ、わたしぎį¤ēã™åœ°ã¸čĄŒããĒさい」とįĨžã•ãžã‹ã‚‰å‘ŊじられãĻčĄŒãå…ˆã‚‚įŸĨらずãĢ旅įĢ‹ãĄãžã—た。それでもįŗ¸ãŽåˆ‡ã‚ŒãŸå‡§ãŽã‚ˆã†ãĢãĒらãĒかãŖたぎは「ã‚ĸãƒ–ãƒŠãƒãƒ ã¯čĄŒãã€…ã§įĨ­åŖ‡ã‚’į¯‰ã„」ãĻ、į¤ŧ拝をしたからです。夊地をå‰ĩé€ ã—ã€æ­´å˛ã‚’æ”¯é…ã•ã‚Œã‚‹įĨžæ§˜ãŽæĩãŋぎご支配をäģ°ãŽã€æŒ‡į¤ēを受けãĻいるぎですから、おんãĒ時でもåšŗåŽ‰ã§ã™ã€‚ã‚ãŸã—ãŸãĄã‚‚ã€Œä¸€åš´ãŽč¨ˆã¯į¤ŧ拝ãĢありという一嚴を歊ãŋたいもぎです。
æ¨Ēåąąč‰¯æ¨š